ASTROM通信バックナンバー

2019.05.15

【平成29年薬事工業生産動態統計調査】ASTROM通信<170号>

 ~安全な医薬品の安定供給をご支援する~

こんにちは 
ASTROM通信担当の橋本奈央子です。

ゴールデンウィークが終わって1週間がたちましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

さて、今回は、2019年4月17日に厚生労働省から公表された平成29年薬事工業生産動態統計調査の結果に
ついて取り上げたいと思います。
元号が変わったこともあり、「平成29年」と聞くと遠い過去の気がしてしまいます。
それはさておき、都道府県別生産額など興味深いデータもありますので、話の種にでもご覧いただければ
幸いです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平成29年薬事工業生産動態統計調査結果
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平成29年薬事工業生産動態統計調査結果のうち、主ものを以下にピックアップしました。
■医薬品■
1.生産金額について
平成29年の国内の医薬品最終製品の生産金額は6兆7213億円で、前年と比べると1.5%の増加となり
ました。
増減の内訳を見てみますと、医療用医薬品は2.3%の増加、その他の医薬品は-5.1%、一般用医薬品は-4.8%、
配置用家庭薬は-17.4%の減少となっています。
生産金額の多い医薬品(薬効大分類別)は、1位 循環器官用薬(9344億円、前年比-7.3%)、
2位 その他の代謝性医薬品(7904億円、前年比+14.6%)、3位 中枢神経系用薬(7577億円、前年比-5.4%)、
4位 腫瘍用薬(4421億円、前年比+35.4%)、5位 血液・体液用薬(4209億円、前年比-1.1%)と
なっていました。
医薬品薬効中分類別で生産金額の増減を見てみますと、56の分類のうち30の分類で増加していました。特に前年
に対して増え方が多いのは、抗ウイルス剤 +87.6%、呼吸促進剤 +70.8%、甲状腺,副甲状腺ホルモン剤 +48.5%、
その他の腫瘍用薬 +40.5%、ワクチン類 +27.9%となっていました。逆に、減り方が多いのは、
生化学的検査用剤 -26.2%、主としてグラム陽性・陰性菌に作用する抗生物質製剤 -23.2%、精神神経用剤 -20.7%、
主としてグラム陽性菌,マイコプラズマに作用する抗生物質製剤 -18.9%、総合代謝性製剤 -18.0%となっていました。
剤形分類別で生産金額の多い医薬品は、1位 錠剤(3兆438億円、前年比-0.2%)、
2位 その他(1兆1224億円、前年比+7.9%)、3位 注射液剤(5275億円、前年比+12.4%)、
4位 カプセル剤(4262億円 前年比+0.2%)、5位 外用液剤(4152億円 前年比-7.7%)となっていました。

2.輸出入金額
医薬品の輸出金額は、1669億円で、前年比-5.0%でした。この減少は北米向けの輸出額が大きく減ったことに
よりますが、他の地域(アジア、ヨ-ロッパ、アフリカ、大洋州)向けの輸出額は増えています。
金額で見た主な輸出国は、1位 韓国(350億円、前年比+47.5%)、2位 中国(289億円、前年比+6.1%)、
3位 アメリカ(260億円、前年比-56.8%)、4位 台湾(163億円、前年比+13.9%)、
5位 香港(73億円、前年比+0.5%)でした。
医薬品の輸入金額は3兆4382億円で、前年比-12.9%でした。金額で見た主な輸入国は、
1位 アメリカ(7269億円、前年比+6.0%)、2位 ドイツ(5890億円、前年比-5.5%)、
3位 スイス(4557億円、前年比-26.3%)、4位 フランス(2687億円、前年比+9.0%)、
5位 イギリス(1757億円、前年比+11.9%)でした。

3.都道府県別ランキング
生産金額の多い都道府県は、1位 静岡県(6820億円、前年比+24.3%)、2位 富山県(6540億円、前年比+5.2%)、
3位 大阪府(5302億円、前年比-5.7%)、4位 埼玉県(4814億円、前年比-7.0%)、
5位 東京都(4076億円、前年比-32.7%)でした。
生産金額が前年より増加している都道府県のトップ5は、愛知県の+48.6%、秋田県の+42.6%、熊本県の+32.7%、
静岡県の+24.3%、山梨県の+23.9%となっています。また、逆に減少している都道府県のトップ5は、愛媛県の-82.3%、
東京都の-32.7%、山形県の-23.8%、大分県の-17.8%、鳥取県の-17.3%でした。

■医療機器■
1.生産金額について
平成29年の国内医療機器の生産金額は1兆9904億円で、前年と比べると4.0%の増加となりました。
生産金額の多い医療機器(大分類別)は、1位 処置用機器(5291億円、前年比+1.1%)、
2位 画像診断システム(2963億円、前年比+11.1%)、3位 生体機能補助・代行機器(2678億円、前年比-3.1%)、
4位 生体現象計測・監視システム(2104億円、前年比+25.4%)、
5位 医用検体検査機器(1729億円、前年比-13.9%)、となっていました。
医療機器小分類別で生産金額の増減を見てみますと、49の分類のうち33の分類で増加していました。特に前年に
対して増え方が多いのは、眼圧計 +585.5%、家庭用磁気治療器 +170.2%、血圧計 +169.8%、
一人用生体情報モニタ及び関連機器 +53.7%、視覚機能検査用機器 +43.8%となっていました。
逆に、減り方が多いのは、血液凝固分析装置 -33.0%、医用写真フィルム -26.1%、血球計数装置 -17.8%、
人工関節、人工骨及び関連用品 -15.6%、透析器 -15.3%となっていました。。

2.輸出入金額
医療機器の輸出金額は、6190億円で、前年比+6.0%で、その他地域を除き、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、
南アメリカ、アフリカ、大洋州向けの全てで輸出額が増えていました。
金額で見た主な輸出国は、1位 アメリカ(1291億円、前年比+5.3%)、2位 中国(839億円、前年比+13.3%)
、3位 ドイツ(544億円、前年比+6.8%)、4位 オランダ(351億円、前年比+9.2%)、
5位 韓国(344億円、前年比+15.5%)でした。
医療機器の輸入金額は1兆6492億円で、前年比+6.0%でした。金額で見た主な輸入国は、
1位 アメリカ(8479億円、前年比+13.8%)、2位 アイルランド(1448億円、前年比-6.5%)、
3位 ドイツ(1095億円、前年比-15.8%)、4位 中国(1078億円、前年比+2.2%)、
5位 スイス(711億円、前年比+36.0%)でした。

3.都道府県別ランキング
生産金額の多い都道府県は、1位 静岡県(3513億円、前年比+1.3%)、2位 栃木県(1807億円、前年比+2.3%)、
3位 東京都(1785億円、前年比+34.2%)、4位 埼玉県(1641億円、前年比+42.6%)、
5位 茨城県(1249億円、前年比-9.2%)でした。
生産金額が前年より増加している都道府県のトップ5は、埼玉県の+42.6%、福岡県の+41.5%、東京都の+34.2%、
福井県の+33.8%、鹿児島県の+25.8%となっています。また、逆に減少している都道府県のトップ5は、
和歌山県の-48.7%、熊本県の-29.1%、群馬県の-24.6%、長野県の-21.7%、徳島県の-21.2%でした。

詳細:https://www.mhlw.go.jp/topics/yakuji/2017/nenpo/


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平成31年1月分以降の薬事工業生産動態統計調査について
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
平成31年1月から新たな調査方法が実施されており、平成31年分から集計方法や公表される統計表が変わります。
主な変更点は下記の通りです。
1.都道府県別医薬品生産金額について
●平成30年12月分までの調査(旧調査)
<報告>製造販売業者が製造業者に製造委託している場合、製造販売業者が生産金額を報告し、
製造業者は受託額(委受託契約額)を報告。
<集計>製造販売業者から報告された生産金額は委受託関係を確認し、製造業者が所在する都道府県に
計上。委受託関係が確認できない場合は、製造販売業者が所在する都道府県に計上。
●平成31年1月分以降の調査(新調査)
<報告>製造販売業者のみを調査客体とし、製造販売業者から委託先の製造業者情報も含めて報告。
<集計>生産金額は全て製造業者が所在する都道府県に計上。
2.報告先について
都道府県への報告は廃止し、全て厚生労働省に直接報告する
3.調査票の報告期限
調査月の翌月15日(土日祝日の場合は翌営業日)に延期
4.報告方法
従来の紙、CD、オンラインの選択式から、原則オンライン報告とする
5.医薬品製造業者の従業員数の報告を廃止する
6.衛生材料は、医療機器または医薬部外品として報告する

詳細:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/105-1.html


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
まとめ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
いかがでしたでしょうか。

医薬品も医療機器も、輸出金額より輸入金額のほうが圧倒的に多い状態が続いていることがよくわかります。
特に、アメリカとドイツからの輸入が多いことをあらためて実感しました。

配置用家庭薬の生産金額は年々減少してきいましたが、平成29年は特に大きく落ち込んでいたことに驚か
されました。(平成27年は-7.3%、平成28年は-8.9%、平成29年は-17.4%となっています)

余談ですが、静岡県に住む人間としては、医薬品の生産金額が富山県を抜いて1位になったことがうれしかったです。
とはいえ、所詮は宇都宮と浜松の餃子日本一をめぐる戦いのようなもの。1年後にはどうなっているかわかりません。
しかも、平成31年1月分以降の薬事工業生産動態統計調査の方法が変わるため、各都道府県の生産金額が旧調査と
比較して大幅に増減する可能性もあるようです。

ということで、今回の調査結果は、話のネタにでも活用いただければ幸いです。

☆次回は、5/31(金)に配信させていただきます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
インタ-フェックスジャパンのご案内
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今年も2019年7月3日~7月5日のインタ-フェックスジャパン(東京ビッグサイト)に出展いたします。
弊社ブ-スは【W25-27】となります。
ご都合が合えば、是非ご来場ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
★弊社サ-ビスのご案内 
https://drmarketing.jp/cch/73/266/3/426/171411/89f978

★ブログ毎日更新中! 
◆ PROS.社長の滋養強壮ブログ 
https://drmarketing.jp/cch/73/266/1/426/171411/367464
◆ 営業ウ-マンの営業報告ブログ 
https://drmarketing.jp/cch/73/266/2/426/171411/ed4d31
※URLクリック数の統計をとらせていただいております。


本メルマガは、名刺交換させていただいた方に、毎月1日、15日(土日祝日に重なった場合 は前日)に
配信いたしております。
今後このような情報が必要ない方は、お手数ですが、こちらに配信停止依頼のメ-ルをお願いいたします。 
hashimoto@e-pros.co.jp

【発行責任者】 
株式会社プロス 
ASTROM通信』担当 橋本奈央子