ASTROM通信バックナンバー

2021.10.15

【最近のウォーニングレター】ASTROM通信<228号>

~安全な医薬品の安定供給をご支援する~

 

こんにちは

ASTROM通信担当の橋本奈央子です。

 

新型コロナの第5波がおさまりホッとしているこの頃ですが、いかがお過ごしでいらっ

しゃいますか。

 

さて、今回は、FDA(米国食品医薬品局)から日本の製薬会社を含む、アメリカ国外の製造所に

出されたウォーニングレター2件について見ていきたいと思います。

最後までお読みいただければ幸いです。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

最近のウォーニングレターの概要  

注:文中のXXはウォーニングレターでマスキングされている文言及び具体的な社名・品名等です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

#320-21-49

FDAOTC医薬品を製造しているオーストラリアの製薬会社から2020416日に提出

された記録及び情報をレビュし、医薬品製造の重大なCGMP違反について発した2021/6/9

ウォーニングレターには、下記の指摘事項があげられています。

 

●指摘1

貴社は、リリース前に医薬品の各ロットについて、各有効成分の同一性、濃度を含む

最終規格への一致についての試験の判断を怠った。

<指摘1詳細>

貴社はOTC医薬品XXFDAのリストに載せている。FD&C Act 704(a)(4)に基づいた我々の

記録やその他の情報の提出要求に対する貴社の回答は、貴社がアメリカ向けに出荷した

医薬品の適切な最終製品試験を実施していないことを示していた。

例えば、我々は貴社に、アメリカ市場向けに販売される前に貴社の医薬品の各ロットに

ついて、有効成分の分析試験が実施されているかどうか確認するために質問をした。

貴社は、最終製品の各ロットに関し、有効成分の分析試験が最近実施されていないと

回答した。

適切な試験をせずに、リリース前に貴社の医薬品のロットが適切な規格に従うことを

裏付ける科学的なエビデンスがない。

我々は、貴社が704(a)(4)の要求に従い、アメリカ向けにXX製品のいくつかのロットを

出荷したこと認識している。

704(a)(4)の要求の前後の、アメリカに輸入された全ての医薬品について、以下の回答

を提出せよ:

・出荷判定前の貴社医薬品の各ロットを分析するために用いられる試験方法も含めた、

 化学及び微生物の規格のリスト

・この文書の日付時点で使用期限内にあるアメリカに出荷された医薬品の全てロットの

 品質を判断するために保管サンプルの化学及び微生物の試験を実施するアクション

 プランとタイムライン

・各ロットの保管サンプルの試験から得られた全ての結果のサマリ

 もしそれらの試験が基準を満たさない品質を示した場合、顧客への通知や製品の回収

 のような迅速な正処置を実施せよ。

・貴社の試験業務、手順、方法、装置、文書、分析者の能力の包括的で独立したアセス

 メント

 このレビュに基づき、貴社の試験システムを改善し、効果を評価するための詳細な

 計画を提出せよ。

 

●指摘2

貴社は、医薬品の各成分の同一性を検証するために少なくとも1つの試験を実施する

ことを怠った。

<指摘2詳細>

貴社が提出した記録と情報は、貴社がOTC医薬品を製造するために使用する有効成分

の入荷ロットについて、同一性を判断するために試験をしていることを示していな

かった。

例えば、我々の最初の704(a)(4)の情報の要求に対する成分の各ロットの同一試験に

関する回答は、貴社が入荷した原材料の分析証明書(COA)をチェックしているが、

同一性試験を実施していないことを示している。さらに、2021128日のメールで、

貴社は、同一性試験は、使用前に有効成分の同一性試験が実施されていないことを

追認した。

貴社が医薬品の製造において、使用前に各成分のロットの同一性を検証するために

少なくとも1つの試験を実施するならば、品質特性に関するベンダのCOAを信頼する

ことができる。

704(a)(4)の要求の前後の、アメリカに輸入された全ての医薬品について、以下の

回答を提出せよ:

・成分、容器、蓋の全ての供給者が適格性を評価され、原材料に適切な使用期限

 またはリテスト日付が付与されているかどうかを判断するための、貴社の原材料

 システムの包括的で独立したレビュ

 レビュは、入荷した原材料の管理が、不適切な成分、容器、蓋の使用を避けるため

 に適切かどうかも判断すべきである。

・製造で使用するための成分の入荷した各ロットを試験しリリースするために貴社

 が使用する化学及び微生物の品質管理の規格

・同一性、濃度、品質、純度に関する全ての適切な規格への一致について、貴社が

 各成分のロットをいかに試験するつもりかの記述

 もし、濃度、品質、純度に関し、各成分のロットを試験する代わりに供給者のCOA

 から得られる結果を受け入れるつもりであれば、初期のバリデーションと定期的

 な再バリデーションを通じて供給者の試験結果の信頼性をいかに確実に証明する

 かを明記せよ。さらに、入荷した成分の各ロットについて、少なくとも1つの特定

 の同一性試験を常に実施するという約束を含めよ。

・各成分の製造業者から得られるCOAの信頼性を評価するための、全ての成分の試験

 から得られる結果のサマリ

 COAのバリデーションプログラムを述べた貴社のSOPも提出せよ。

・貴社が製造した医薬品を試験する契約設備の適格性評価と監督に関する貴社の

 プログラムのサマリ

 

●指摘3

貴社は、医薬品の安定性を評価し適切な保管条件や使用期限を判断するために

安定性試験の結果を使用する目的で設計・文書化された安定性試験プログラムを

制定しそれに従うことを怠った。

<指摘3詳細>

貴社は、付与された使用期間を通じて、貴社の医薬品の化学的特性が許容できる

状態のままであることを証明するために適切な安定性データを提供することを

怠った。

例えば、我々の704(a)(4)の要求に対する回答の中で提出された医薬品XXに関する

安定性試験の報告は、有効成分に関する試験を含んでいなかった。さらに貴社は、

医薬品の各ロットの安定性について、有効成分の分析試験を実施しなかったこと

を認めた。

適切な安定性データがなく、貴社は医薬品に付与された有効期間を通じて、

貴社の医薬品が制定した規格と予め定めた全ての品質基準を満たすことを保証

することができない。

704(a)(4)の要求の前後の、アメリカに輸入された全ての医薬品について、以下の

回答を提出せよ:

・貴社の安定性プログラムの妥当性を保証するための、包括的で独立したアセス

 メントと是正処置・予防処置

 貴社の改善されたプログラムは、これに限定されないが以下のことを含むべき

 である。

 〇安定性を示す方法

 〇宣伝されている使用期限が妥当かどうかを判断するために各製品の代表的な

  ロットが毎年プログラムに追加されるような継続的な安定性プログラム

 〇各工程(タイムポイント)で試験される特定の特性の詳細な定義

・貴社の改善された安定性プログラムについて述べた全ての手順

 

●工程管理

貴社は、貴社の製造所で製造された各医薬品に関する重要な管理ポイントを示す

プロセスフロー図を持っていないことを認めた。重要工程パラメータの特定や、

工程管理のモニタリングに関する継続的なプログ

ラムがなく、貴社が安定した製造作業や一貫した製品品質を保証することはできない。

FDAのガイダンス文書である

Process Validation :  General Principles and Practices, for general principles and elements for process validation

を見よ。

 

●品質システム

貴社の品質システムは不十分である。品質システムを実施するための助けとして、

FDAのガイダンス文書Quality Systems Approach to Pharmaceutical CGMP Regulations

を見よ。

 

CGMPコンサルタントの推奨

我々が貴社で確認した違反の性質に基づき、貴社がアメリカ市場向けの医薬品製造を

再開するつもりなら、我々は貴社がCGMP要件を満たす手伝いをするために21 CFR 211.34

に規定されている適格なコンサルタントを雇うことを強く勧める。また我々は、貴社

FDAと共に貴社のコンプライアンス状態の解決を達成しようとする前に、適格な

コンサルタントが貴社のCGMP遵守に関し貴社の全ての作業の包括的な監査を実施し、

貴社の是正処置・予防処置の完了と効果を評価することを勧める。

貴社のコンサルタントの使用は、CGMPを順守するための貴社の義務を軽減するもの

ではない。貴社の経営陣には、継続的なCGMP順守を保証するために、全ての不備と

システムの欠陥を解決する責任が残る。

 

●結論

この文書で挙げた違反は、貴社の製品に関する違反の包括的なリストでもない。

貴社には、これらの違反を調査し、原因を判断し、再発を防止し、その他の違反を

防止する責任がある。

FDAは貴社で製造された全ての医薬品について、製造、加工、包装、保管のために

用いられている方法と管理がFD&C Act 501(a)(2)(B)の意味の範囲内でCGMPを遵守

していないので、2021323日に輸入警告措置66-40をとった。不良であるか、

不正商標表示をしていると思われる医薬品は、FD&C Act 21 U.S.C.381(a)(3)

801(a)(3)に従う物理的な試験がなければ、引き留められるか輸入拒否がされる

かもしれない。

違反が解決されたことを示すエビデンスがあり、当局が今後の輸入品がFD&C Act

遵守するという信頼をするまで、貴社で製造された全ての医薬品は輸入警告リスト

に残る。基準に適合していない状況に対処されたとFDAが認める前に査察を行う

かもしれない。

全ての違反を速やかに是正せよ。全ての違反に完全に対応され、我々が貴社の

CGMPの遵守を確認するまで、FDAは貴社の製造業者としての新薬の申請やリストの

補完の承認を保留するだろう。我々は、貴社が全ての違反に対する是正処置を完了

したことを確認するために再査察を行うかもしれない。

 

出典:https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warning-letters/natural-beauty-care-pty-ltd-611974-06092021

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

#320-21-55

2021215日~19日、2021222日、2021224日~25日に日本の医薬品の製造所

を査察し、医薬品製造の重大なCGMP違反について発した2021/8/19付ウォーニングレター

には、下記の指摘事項があげられています。

 

●指摘

貴社は、そのロットが既に出荷されているかどうかに関わらず、規格を満たすため

にロットやその成分の説明のつかない食い違いや不具合を徹底的に調査することを

怠った。

<指摘詳細>

A.貴社は、外因性の微粒子汚染の再発事象を含む、無菌医薬品の中の重大な微粒子

  の不具合を適切に調査しなかった。

2019年から2020年の間、注射液XXの多数のロットで、重大な微粒子汚染の不具合が

みつかり、それらの多数は貴社の手順と、外部(即ち外因性)の影響とされた。

ロット内に外因性の微粒子が確認された際、貴社は、根本原因を判断するための

タイムリーな調査と、医薬品への影響の評価を行うことを怠った。我々のレビュは、

調査のための貴社の工程内の品質基準、限界、分類、トリガが、内因性と外因性の

微粒子汚染を十分に区別していないことを明らかにした。

2021618日にFDAに提出された最近の調査の最新情報(FDAの査察後4か月)は、

貴社の手順が改善され、供給者の監査を実施していることを示している。貴社の

調査は、貴社の洗浄及び殺菌プロセスが、ストッパまたはバイアルに付着した

XXの一部のいくらかの微粒子を除去できなかった可能性が高いと結論付けた

が、貴社は汚染の上流の根本原因に適切に対処することと、是正処置・予防処置

(CAPA)をタイムリーに実施することを怠った。

さらに貴社は、この汚染に関し、免疫原性の反応により有害事象を誘発する可能性

を含む、目に見える微粒子の特定の検証中に見つかったXX第一鉄複合体の多数の

事象に対処することを怠った。貴社は、XXは医薬品の製剤設計によるものと思われる

と述べた。

貴社の回答は、セルロースの繊維、ガラス繊維、XX、黒と白の微粒子、さまざまな

色の微粒子のような汚点のような、目に見える微粒子が見つかった査察中に指摘

された12ロットについて論じていた。貴社は使用期限内のXXロットを包含するため

に調査を広げ、外因性または“ストッパでない素材”の更なる事象を確認した。

注目すべきは、ストッパの汚点の不具合は2017年にも調査されていた。しかし、

貴社のストッパの供給者は、その時点でそれらのプロセスは原因ではないと述べ、

貴社のCAPAは問題を解決するために不適切だった。

貴社の回答は不十分である。貴社は外因性・内因性の微粒子の汚染問題の両方を

適切に調査することを怠った。貴社は根本原因を特定し、起こり続ける貴社の

注射剤の中の外因性微粒子汚染の事象に対処するためにタイムリーに効果的な

CAPAを実施しなかった。外因性微粒子汚染はまれに起こるべきもので、完全に調査

されるべきである。

この文書への回答の中で以下の情報を提出せよ:

・逸脱、食い違い、苦情、規格外の結果、不具合を調査するための全体的なシステム

  の包括的で独立したアセスメント

 このシステムを改善するための詳細なアクションプランを提出せよ。

 貴社のアクションプランはこれに限定されないが、調査能力、範囲の決定、

  根本原因の評価、CAPAの効果、品質部門の監督、文書化手順の大幅な改善を含む

  べきである。貴社が、調査の全てのフェーズが適切に実施されることをいかに

  保証するか述べよ。

・以下のことを含む販売されたロットに関する最新のリスクアセスメント:

 〇使用期限内のロットの中に見つかった外因性微粒子の評価

 〇貴社の調査の一環として調査されるバイアルを選ぶためのサンプリング手順の

    プロトコルと基準

 〇安全性と貴社の製品の効能に対する鉄XX複合体の潜在的な影響

・これに限定されないが、以下のことを含む、全ての注射物質の不良限界の独立

  したレビュ:

 〇100%の検査と合格品質基準(AQL)の限界と関連する論理的根拠

 〇外部の微粒子に関し、調査開始のトリガとなり得る全ての品目の包括的なリスト

  を提出せよ。

・根本原因と全てのCAPAの活動を含む、注射液XXの外因性微粒子の汚染の最新の調査

 

B.XX内で当局に報告されたデータ・インテグリティ違反の調査は貴社の製造所の

問題の範囲を判断するのに不十分である。

貴社は、下記の繰り返し起こる事象を確認した:

・オペレータは、ISO 7 エリア(グレードB)を去る前に、更衣表面を職員モニタリング

 プレートに接触することを着実に保証するのを怠った。 

・オペレータは、ISO 5 エリア(グレードA)ISO 7 エリア(グレードB)にある装置表面

 を、環境モニタリングプレートに接触することを着実に保証するのを怠った。

・表面をモニタする際、オペレータはサンプリング前にXXで装置の表面をふき取って

 いた。

・微粒子の結果がアラートレベルより高い時、ISO 5 エリア(グレードA)の非生存粒子

 のデータがISO 7 エリア(グレードB)として報告された。

・オペレータは携帯の微粒子カウンタを使ってISO5(グレードA)の空中の微粒子の値を

 報告することを怠り、代わりに、空中の微粒子のモニタリングを繰り返した。

貴社の調査は、データ・インテグリティの違反の範囲に関する十分な情報が欠けて

いる。貴社の調査は、“空中の微粒子の測定記録の改ざん”の範囲と、製造所内で

発生している他のデータ・インテグリティの違反の包括的なアセスメントに欠けて

いた。オペレータ及び装置表面の環境モニタリング(EM)データと、非生存粒子の

モニタリング環境は信頼できず、製品の無菌保証の懸念を引き起こした。

貴社の調査は、データ・インテグリティの違反はまれでないことも示していた。

貴社は、全てのXXの環境モニタリングオペレータが非生存粒子の測定データの改ざん

に関与しているうえに、XXXXのオペレータが接触プレートの測定の改ざんに関与

していることに気づいた。

我々の査察でも、管理されていない試験のワークシートや、試験文書の照合に関する

不完全なシステムを含む、文書の信頼性の更なる脆弱性を挙げた。

貴社の調査に基づき、2016年から2020年に製造されたXXの合計XXロットは、これら

の実務の影響を受けていることがありえる。しかし、影響を受けた可能性のある

ロットの範囲についての貴社の回答において、判断を裏付けるためのデータが

不十分であった。

無菌工程の作業の管理状態を評価し維持するために、正確な微生物のデータが基本

である。無菌工程の作業における微生物の逸脱の認識は、環境のコントロールを

維持する迅速なアクションを発動させるのに絶対不可欠である。さらに、アクション

レベルの逸脱のタイムリーで徹底的な評価、汚染の潜在的なルートの特定、適切な

追跡調査方法の決定は、製品への汚染リスクを防ぐために必要である。

正確なデータの報告の不履行は、製造所から出荷された医薬品の無菌保証を損ない、

患者へのリスクを増加させたかもしれない。

貴社は回答で、製品の影響のリスクアセスメントは実施され、製品の無菌状態は

損なわれていないと述べた。しかし、貴社の製造所で発生したデータ・インテグリ

ティの違反の範囲と性質を考えると、貴社のこの結論に関する適切な正当化の理由

が欠けていた。さらに、貴社の回答は、環境データと”無菌業務と無菌性保証の

教育と監視“のレビュに集中しているが、その範囲は、データ・インテグリティの

その他の不完全な分野に十分に対応していない。

貴社の回答は、根本原因は、“CGMP、データ・インテグリティの重要性、逸脱の

取り扱いの難しさを理解していない従業員”に関連していると言及している。

我々は、データ・インテグリティの不備を特定し、貴社の製造所で全ての職員の

報告義務を改善するためのアクションを開始した日を認識している。しかし、

無菌作業を実施・監督する従業員の能力を保証し、貴社の製造作業全体の

品質システムの効果とデータ・インテグリティの監視を改善するためには、更なる

アクションが必要である。

この文書への回答の中で以下の情報を提供せよ:

・製造中の適切な無菌手順とクリーンルームでの行動を保証するための計画

 全ての製造ロットについての所定の効果的な監督者の監視を保証するための手順

 を含めよ。

 また、無菌工程とその作業中のQUの監視(例:日々の活動、監査)の頻度を述べよ。

・貴社の医薬品の品質と無菌性に影響を与える可能性のある無菌技術とクリーン

 ルームの行動がいかに不十分かを評価する徹底的な回顧的レビュとリスクアセス

 メント

・これに限定されないが以下のことの独立したアセスメントを含む貴社の無菌工程、

 装置、設備に関する全ての汚染の危険の包括的なリスクアセスメント

 ○ISO 5 エリア内の全ての人の作用

 ○装置の配置と人間工学

 ○ISO 5 エリア内及び周辺の部屋の空気品質

 ○施設のレイアウト

 ○職員の流れと原材料の流れ(無菌作業を実施しサポートするために使用される

  全ての部屋全体)

・汚染の危険のリスクアセスメントで見つかったことに対応するためのタイムライン

 を伴った詳細な改善計画

 無菌工程作業の設計と管理になされる明確で具体的な改善を述べよ。

・アメリカ市場にある使用期限内の、貴社の製造所で製造された無菌医薬品の全て

 のロットの保管サンプルの試験(無菌試験と貴社のリスクアセスメントで特定された

 その他の試験を含む)の実施計画

QUが効果的に機能するために権限とリソースが与えられていることを保証する

 ための包括的なアセスメントと改善計画

 アセスメントは、これに限定されないが以下のことを含めよ:

 ○貴社で使用されている手順が安定していて適切かどうかの判断

 ○適切な手順の遵守を評価するためのQUの貴社の作業全体の監督の規定

 ○QUの出荷判定前の、各ロットとそれに関連する情報の完全で最終的なレビュ

 ○全ての製品の同一性、濃度、品質、純度を保証するための、QUの調査の監督と

  承認及びその他の職務の放免

これに限定されないが、新たに発生した製造/品質の問題に積極的に対処し、継続的

な管理状態を保証するためのタイムリーな資源の提供を含む、最高経営者による

品質保証と信頼できる作業のサポートの方法について述べよ。

・製造所および装置の、所定の用心深い作業のマネジメントを実行するための貴社の

 CAPAの計画

 この計画は、特に、装置/設備または文書の問題の迅速な検知、確実に活動を実施

 するための適切な職員配置、必要な時の機能の改善、適切な予防的保全計画の遵守、

 効果的な交換の実施、装置/施設のインフラのタイムリーな技術的改修、日々の

 製造の監督と総合的な作業の管理のシステムの改善を保証すべきである。

 

●データ・インテグリティの改善

貴社の品質システムは、貴社が製造した薬の安全性、効果、品質を裏付けるデータの

正確性・完全性を適切に保証していない。CGMPに従ったデータ・インテグリティの

手順を制定して遵守するためのガイダンスとして、FDAのガイダンス文書

Data Integrity and Compliance With Drug CGMPを見よ。

我々は、貴社が貴社の作業を監査し、FDAの要求を満たすことを助けるコンサルタント

を雇っていることを認識している。

この文書への回答の中で以下の情報を提供せよ。

A.データの記録と報告の不正確性の範囲の包括的な調査

  貴社の調査は以下のことを含むべきである:

・調査手順と方法論の詳細;アセスメントの対象となる全ての試験室、製造作業、

 システムの概要;貴社が除外を提案している作業の正当性を示す理由

・データの不完全性の性質・範囲・根本原因を特定するための現在及びかつての

 従業員の面接

 我々は、これらの面接が適格な第三者により実施されることを推奨する。

・貴社の製造所におけるデータ・インテグリティの欠陥の範囲のアセスメント

 記録の省略、変更、削除、記録の破棄、非同時の記録の完成、その他の欠陥の

 特定をせよ。

 貴社が発見したデータ・インテグリティの欠落箇所について、貴社の製造所の

 全ての操作を述べよ。

・製造データのインテグリティの欠陥の性質についての包括的な回顧的評価

 我々は、違反の可能性のある分野の特別な専門知識を持った適格な第三者が、

 すべてのデータ・インテグリティの欠陥について評価することを推奨する。

B.発見された不具合の貴社の医薬品の品質への影響の可能性に関する現在の

リスクアセスメント

アセスメントにはデータ・インテグリティの欠落の影響を受けた薬の出荷により

引き起こされた患者のリスクと、継続的な作業によるリスクの分析を含めるべきで

ある。

C.全体的な是正処置及び予防処置の計画の詳細を含む貴社の管理の戦略

貴社の戦略には下記のことを含めよ:

・分析データ、製造記録、FDAに提出した全てのデータを含む貴社が生成した全て

 のデータの信頼性と網羅性を保証するために貴社がどのようにするつもりかを

 述べた詳細な是正処置計画

・現在のアクションプランの範囲と深さが、調査とリスクアセスメントで見つ

 かったことに釣り合うことを示すエビデンスを含んだ、データ・インテグリティ

 の欠落の根本原因の包括的な記述

 データ・インテグリティの欠落に責任のある個人が、貴社のCGMP関連または

 薬の申請データに依然として影響を与えるかどうかを示すこと。

・顧客への通知、製品の回収、追加試験の実施、安定性を保証するための安定性

 プログラムへのロットの追加、医薬品の申請アクション、改善された苦情の

 モニタリングのような、患者を保護し、薬の品質を保証するためにとられた

 処置、または、これから取ろうとしている処置を述べた暫定的な手段

・貴社のデータの完全性を保証するための、全ての改善の努力と、手順、工程、

 方法、管理、システム、経営者の管理、人的資源(例:訓練、職員の改善)

 の強化を述べた長期的手段

・上記活動が既に進行中または完了といったステイタスの報告

 

CGMPコンサルタントの推奨

我々が貴社で確認した違反の性質に基づき、我々は、貴社の作業を評価し貴社が

CGMP要件を満たす手伝いをするために適格なコンサルタントを雇うことを強く

勧める。また我々は、貴社がFDAと共に貴社のコンプライアンス状態の解決を

達成しようとする前に、適格なコンサルタントが貴社のCGMP遵守に関し貴社の

全ての作業の包括的な監査を実施し、貴社の是正処置・予防処置の完了と効果を

評価することを勧める。貴社のコンサルタントの使用は、CGMPを順守するための

貴社の義務を軽減するものではない。貴社の経営陣には、継続的なCGMP順守を保証

するために、全ての不備とシステムの欠陥を解決する責任が残る。

 

●結論

この文書で挙げた違反は、貴社の製品に関する違反の包括的なリストでもない。

貴社には、これらの違反を調査し、原因を判断し、再発を防止し、その他の違反を

防止する責任がある。

もし貴社が貴社の製造所で生産される医薬品の供給に混乱を引き起こしそうな

アクションを検討しているならば、FDAが貴社の作業が法律に従うために最も効果的

な方法で働くために、FDACDERの医薬品不足スタッフにすぐに連絡をとることを

要求する。医薬品不足スタッフへの連絡は、貴社の医薬品製造の中断または休止を

報告する義務を果たすこともできる。これは、FDAが出来るだけ早く貴社の製品の

不足を防ぎ、貴社の製品に依存する患者の健康を守るために必要なアクションを

考えることを可能にする。

全ての違反を速やかに是正せよ。全ての違反に完全に対応され、我々が貴社のCGMP

の遵守を確認するまで、FDAは貴社の製造業者としての新薬の申請やリストの補完の

承認を保留するだろう。我々は、貴社が全ての違反に対する是正処置を完了したこと

を確認するために再査察を行うかもしれない。

 

出典:https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warning-letters/toyobo-co-ltd-614177-08192021

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

まとめ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いかがでしたでしょうか。

 

日本の製薬会社向けのウォーニングレターとなると、非常に気になるところです。

データ・インテグリティの不備は、単にデータの管理の話にとどまらず、品質と

密接に関係しているということをあらためて感じました。

 

無菌医薬品の中の微粒子混入といえば、今年の8月に異物混入のあった新型コロナ

ワクチンが日本国内で使用され、問題のロット及び混入リスクのあるロットの使用

が禁止になるという事案がありました。

この件で不安な思いをされた方もいらっしゃったのではないでしょうか。実は私も

異物混入リスクのあるロットを接種し、結構不安を感じました。

そのため、いつにも増して今回のウォーニングレターの内容が他人事とは思えま

せんでした。

パンデミック下ということもあってか輸入禁止等の措置はとられていませんが、

FDAは是非この企業に査察に行ってほしいと思ってしまいました。(FDAに査察に

行ってほしいと思うなんて滑稽ですが。。。)

 

 

☆次回は、11/1(月)に配信させていただきます。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 無料WEBセミナーのご案内

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

弊社グループ会社(キッセイコムテック株式会社 https://www.kicnet.co.jp/)では、

来年1月からの令和3年度税制改正に関して、

抑えておきたい電子帳簿保存法「新7条」電子取引データの電子保存と題した

無料WEBセミナーを開催します。

 

60分程度のセミナーですので、気軽にご参加いただけるかと思います。

ご興味があれば是非、下記URLからお申込みください。

 

【セミナー】

イベント:残り3か月!「令和3年度税制改正」!

     おさえておきたい電子帳簿保存法「新7条」電子取引データの電子保存

 

日  程: 20211026() 14001500

申込URLhttps://bs.kicnet.co.jp/form/2021BSSS01

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★弊社サービスのご案内

https://drmarketing.jp/cch/73/508/3/425/379188/420fb3

 

★ブログ毎日更新中!

PROS.社長の滋養強壮ブログ

https://drmarketing.jp/cch/73/508/1/425/379188/5317f0

◆ プロス橋本のブログ

https://drmarketing.jp/cch/73/508/2/425/379188/c9ff8f

URLクリック数の統計をとらせていただいております。

 

 

本メルマガは、名刺交換させていただいた方に、毎月1日、15日に配信いたしております。

今後メルマガが必要ない方は、お手数ですが下記まで配信停止依頼のメールをお願いします。

hashimoto@e-pros.co.jp

 

【発行責任者】

株式会社プロス

ASTROM通信』担当 橋本奈央子ここにエントリー本文を書きます。